ステップワゴンRGにシュアラスターのオイル、ガソリン添加剤いれた結果燃費が向上!

スポンサーリンク




中古で購入した、ステップワゴンでしたが、新車登録時からすでに、11年くらいたち、支払いも終わって、今から頑張って走ってもらいたいという感じになりました。

 

ところが、なんか、車が、進まない感じがして、今までは、どんなにオイル交換が遅くなったりしても

燃費計で、夏を除いて、リッター9を切る事は

なかったのですが、

エアコンのコンプレッサーを回さなくても、

リッター8.5とか、

リッター8.3とかになるようになり始めました。

ちなみに、総走行距離は8万後半くらい、

ステップワゴンに備わっている燃費計だとこんな数字に。

409キロ走って、平均燃費が、リッター8.3キロ。

ちなみに

基本的には、ガソリンが無くなって、給油するときに、走行距離カウンターを、ゼロにしています。

それで、今までは、夏以外は、こんな8.3なんていう数字は、あまり見たことがありませんでした。

そこで、たまたま、ネットで、

オイル添加剤

ガンガン添加剤

この二つのことを知りました。

とは言え、車に関しては、素人の私。

また、こんな添加剤で、燃費が戻るとは思えなかっだのですが、

少なくとも、悪くなるわけじゃないし、

何万円もするような金額じゃなかったので、思い切って買いました。

それがこの2つの添加剤。

シュアラスターのループシリーズの

エンジンオイルに添加する

シュアラスターエンジンリカバリー

そして、

シュアラスターのガソリン添加剤

シュアラスターガソリン添加剤パワーショット

です。

二つ合わせて、3500円くらいでした。

いろいろ説明を読んでみると、

どちらも、古い車には、効果があるという事でした。

古いというのが、どれくらい古いのかは、はっきりしませんが、

少なくとも、私の

ステップワゴンRGは、古い車に入ると勝手に思いました。

また、走行距離も、60000キロ超えていたら、効果はわかりやすそうな感じみたいでした。

漏れなく2つとも条件を満たしている

だから、試す価値あり!

と、自分を納得させました。

という事で、

オイル添加剤は、オイル交換時に添加した方がいいという事なので。

オイル交換をお願いました。

よく見る、ネットの情報だと、オイル交換した最後に添加するのが多かったのですが、

オイル交換するオイルそのものに混ぜた方な添加剤の周りが早くなるとの話だったので、その方法でお願いしました。

添加剤は画像のように、ものすごくねっとりしてて、まるで蜂蜜みたいな感じでした。

オイル交換作業と、添加剤を入れる作業も、滞りなく終わり、

エンジンをかけて、約10分くらい、アイドリングさせて完了しました。

実は、このときに、パワステオイルが滲んで漏れているのも発見しました。

おそらく、パワステポンプが故障し始めている可能性があると言う事と、

パワステオイルが減っていたので、この件については、近くの本田ディーラーへお願いする事となりました。

そして、オイル交換と、オイル添加剤の注入が終わったあと、

次は、

ガソリンを満タンにしてガソリン添加剤を入れに行きました。

ガソリンスタンドに着いたら、とりあえずガソリン満タンにしました。

ガソリンスタンドは、セルフのスタンドを利用しました。

そして、ガソリン添加剤を注入。

こちらは、オイル添加剤とは違い、サラサラの液体で、簡単に注ぎ終わりました。

いつもなら、ここで、走行距離をクリアして、燃費計もクリアするのですが、

あえてしませんでした。

なぜならば、この、ステップワゴンRGの燃費計は、距離が伸びれば伸びるほど、燃費が向上しない動きをするんです。

長く走る距離によって、燃費を向上させるには、より長く燃費がいい運転をしないと上がらない感じです。

走行距離とい分母が大きいと、プラスの影響はなかなか出ませんが、ちょっと燃費が悪い走りをしたらすぐ数値が下がるような感じなんです。

詳しい事はわかりませんが、

そう感じていたので、あえて燃費を伸ばすには、不利な、条件でと思って、走行距離をクリアしませんでした。

そして

ここまでを、終わらせたあと、しばらくいろいろ移動していたのですが、

約20キロくらい走ったあたりから、速度30キロから、50キロまでの加速に違いが感じられるようになりました。

とくに、なるべく2000回転を超えないように、普段運転しているのですが、

今までは、それだと、40キロのスピードを維持できない…軽い坂道があるので、2000回転を超えてアクセルを踏み込まないと上がらなかったんです。

その道で、2000回転超えなくても、

地味に45キロ前後まで、スピードが出たんです。

えっと思いましたよ。

とはいえ、勘違いかもしれないので、また数日車を走らせると、

燃費計が、

リッター8.3だったのが、

リッター8.6まで、改善したのです。

今までは、いくらオイルを、交換したり、タイヤの空気圧をやや高めにしたりと、車が走るための抵抗を、素人ながらにできる事はしましたが、

一度下がった燃費計の数値が上がる事はほとんどありませんでした。

個人の感想や、体感、車両の、状態などで、一概に、このシュアラスターのオイル添加剤や、シュアラスターのガソリン添加剤が効果があるとは言えませんが、

とにかく、気持ちよく走ってくれて、感じていたストレスが、なくなったのを感じています。

燃費自体の、影響は微々たるものかもしれませんし、

どれくらいの期間て経過で、またへ注入する必要があるのかもわかりません。

ですが、

運転していてストレスが無く走れる

というのは、大きかったと感じています。

まだまだ、我が家のステップワゴンRGと同型の車や、

同年代の、車は、たくさん走っていますので、試す価値はあるかもしれません。

我が家は、これであと2年は走ってくれたらと考えています。

また、数ヶ月後に、燃費や、走りにどういう変化がでたかなど、分かり次第投稿したいと思います。

未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
むらさきメガネをフォローする
スポンサーリンク
【わたしライフ生活】

前後の記事

コメント