玉ねぎのスライスは飽きたから塩もみを作ってみたよ!




 

 

わたしママ
わたしママ

みなさん、こんにちは!

メガネちゃんです☆彡

 

 

新玉ねぎの時期になると、必ず旦那が知り合いの所で買ってきてくれます。

 

毎回スライスにして食べているのですが、正直、毎日のように続くと飽きてしまいます。

 

なので、今回は【新玉ねぎの塩もみ】を作ってみました!

 

玉ねぎを塩もみにして食べるのは、初めてだったので作る時も

わたしママ
わたしママ

こんな感じでいいのかなぁ⁇

 

なんて考えながら作りました!(適当ですが)笑

 

私なりのちょっとしたおすすめもあるので、良かったらそちらも合わせてご覧ください(*´꒳`*)

 

それでは作り方をどうぞ〜🎶

 




作り方

玉ねぎは、食べたいだけ準備しますが、塩もみにすると量が減ってしまうので、多めに準備する事をおすすめします。

①玉ねぎの皮を剥いて根っこを取る

玉ねぎを縦半分に切って皮を剥く。

【画像】

根っこの方だけ落とします。

【画像】

反対側(玉ねぎの上頭の部分)はスライスしやすいように残しておきます。

 

②外から2〜3枚を外して縦半分に切る。

皮を剥いた玉ねぎの外から2〜3枚を取って半分に切ります。

【画像】

そうすると、中心部分と外側が大体同じ大きさになります。

【画像】

 

③お好みの厚さでスライスする。

玉ねぎの繊維を切るように、根っこの方から切っていきます。

【画像】

上の部分を残しておくと、食べられる所ギリギリまでスライスする時、楽にスライスすることができますよ(*´꒳`*)

【画像】

私は少し厚めが好きなので、スライサーではなく、包丁で切っています。

【画像】

スライサーを使うと、厚さが均等になるので使ってみてもいいかもしれません(^^)

 

④塩を振って少し放置。

スライスした玉ねぎを、ボウルや丼、タッパーなど軽くもみやすい入れ物に入れます。

【画像】

そこにパラパラ〜っと塩を振ります。(目分量で適当です。)

【画像】

 

※いつも目分量で、適当なので小さじ何杯とか何グラムとか分かりません。

次の工程で、水にさらすので、少し辛くなるくらいでも大丈夫だと思います。

塩を振ったら軽くもんで、水分が少し出るまで放置します。

 

⑤水で洗って水気を切る。

水分が少し出てきたら、塩のついた玉ねぎを水洗いします。

 

そして、少し食べてみて辛かったら、水にさらして塩味を整えます。

 

そして、お好みの味になりましたら、ギュウ〜っと絞って器やタッパーなどに入れて、冷蔵庫で冷やしてお召し上がり下さい。

 

 

※【画像】の部分は後日きちんと画像を入れますので、それまではこのままでご了承ください。

作って食べてみたの感想 まとめ。

私個人的な感想は、塩もみ玉ねぎの方が好きですね!!

 

スライスしただけだと、やっぱり少し辛味が残ってしまったり、食べづらかったり、冷蔵庫に入れている間に乾燥してしまったりするので・・。

 

食感もスライスの方はサクサク?な感じですが、塩もみの方は身がしまった感じ?でキュッキュというか…旦那からはコリコリした感じ?と言う感想をいただきました!笑

 

塩もみをしているので、玉ねぎに味がついて個人的には好きでした!!

 

残りの玉ねぎ達も塩もみして、サラダに混ぜたり酢の物に混ぜたりして食べたいと思います。

 

今の私のおすすめの食べ方は、『玉ねぎの塩もみ、きゅうりの塩もみ、わかめ』に【キャベツのうまたれ】をかける事ですね(*˘︶˘*).。.:*♡

 

 

 

※塩もみの基本の作り方が間違っているかもしれませんが、私の作り方なので参考程度に考えていただけると幸いです。

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

 






料理・レシピ
メガネちゃんをフォローする
【わたしライフ生活】

前後の記事

コメント