【ADHD】発達障害の子供をガミガミ怒る事は逆効果!?叱り方次第で小学生の反抗期も改善される!




 

 

わたしママ
わたしママ

みなさん、こんにちは!

メガネちゃんです☆彡

 

毎日の家事や子育ては、楽しい事もたくさんありますが、大変な事も沢山あって悩んでしまう事ってありますよね?

 

私は長男がまだ小さい頃に

 

わたしママ
わたしママ

子育て教育は、きちんとやらないといけない!

 

と思って、ガミガミ怒って子育てをしてきました。

 

私自身も物心ついた時から、ガミガミと叱られていたので、それが当たり前だと思っていました。

 

ですが、ガミガミと怒ったり叱ったりする事は子供が萎縮するだけで、子供の為では無いと気づいたので、叱り方・褒め方を変える事にしました。

 

今回は、私が普段どのように子供を叱っているか?以前はどのように怒っていたのか?などについて書いていきたいと思います。

 

 




はじめに

長男が保育園に入ったのは、生後10ヶ月の時でした。

 

この頃、私は仕事をしながら自分の思うように行かない子育てや、家事のストレスが溜まっていたと思います。

 

そして、担任の先生にも

大丈夫ですか?

悩んでいることは無いですか?

 

と心配されるほどでした。

 

私は基本的に人に頼る事が苦手なので、その時も

わたしママ
わたしママ

全然、大丈夫です・・・。

 

と言って、先生に相談しませんでした。

 

相談できる環境で、先生も気にかけてくれていたのに・・・。

 

今思えば、ちょっとした事を聞いてもらうだけでも、気持ちがスゴく軽くスッキリするんですよね・・・。

 

相談の内容は

・毎日夜泣きするんです。

・ミルクをうまく飲まないんです。

・離乳食を上手に食べてくれない。

・部屋を中々片付けられない。

・自分の時間が取れない。

 

など、なんでも良いと思うんです。

 

保育園の先生は、気軽に話しを聞いてくれると思いますよ!

 

 

現在は、次男の育児にも奮闘していますが、今ではありのままを先生に話せるようになりました。笑

 

※これに関しては、長男のおかげだと思っています!笑

※この事に関しても機会がありましたら別記事にて書きたいと思います。

 

 

はい!本題に戻りましょう!笑

 

最近の出来事ではこんな感じです。

・どれだけ対策しても、ソファーや椅子に登って困っています。

・観葉植物を倒して、土まみれになっていました。

・洗濯物を畳んでいる横から引っ張って邪魔されて困ってます。

・食の好みが出てきて、好き嫌いをする時があってご飯を食べさせるのが大変です。

・キッチンにやってきては邪魔をして、中々思うように家事が出来ません。

 

(TдT)。。。。。

 

話した事はこれだけではないですが、先生は時にアドバイスをしてくれる事もあるので、本当に助かっています。

 

そして、困っていることばかりではなく、可愛かった事や出来るようになった事を話すと、先生も自分の事のように一緒に喜んでくれたりします。笑

 

例えば

・ハイハイが上手になってきました。

・おもちゃを手に持って上手に遊ぶようになりました。

・2~3秒1人で立つ事が出来ました。

・2~3歩、歩く事が出来ました。

・ちょうだい・どうも・いただきますなど、ジャスチャーで自分の気持を、伝えられるようになってきました。

 

こんな感じで嬉しかったことなども、伝えるようにしています。

 

だからと言って、一度に何でも話さなくても良いんですよ!

 

自分のタイミングで、話したい時に話せるだけ!

 

(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

 

言葉で相談できない時は、連絡帳を活用してもいいと思います。(*´ω`*)

 

どんな形でも気持ちを少し吐き出す事で、気持ちが楽になって子育てが楽しくなりますよ!

 

 

※私の勝手な考え方ですので参考までに。(^^)

 

長男をガミガミ怒鳴っていた

長男が小さい時の子育ては、とにかく怒鳴っていました。

 

言葉も分からないような時期から、ガミガミと強い言葉で叱って、時には手をパチンと叩くこともありました。

 

同じ失敗を何度も繰り返されると

わたしママ
わたしママ

なんでこうなったの?

どうして?同じ事を何度言ったら良いの?

ヽ(`Д´)ノプンプン ムキー!!

(ノ`Д´)ノ彡┻━┻

 

 

こんな感じだったと思います。

※ちゃぶ台返しはしていませんので、ご安心下さい。笑

 

もしかしたら言い方は、もっとひどかったかもしれません。

 

・長男は何の悪気があるわけでもないのに・・・。

 

・小さくて何も分からないのだから、やりたい放題するのは当たり前なのに・・・。

 

・おもちゃがあれば全部広げて部屋が中々片付かないのは当たり前なのに・・・。

 

私は同じ事を何度も言わないといけないので、常にイライラしていました。

 

 

今思えば、長男にはとても可愛そうな事をしたと思っています。

 

 

長男がADHDと診断された後

そして、ここからが本題になると思います。

 

私が長男の動きが気になり始めたのは4歳の時でした。

 

そして、長男がADHDだと診断されたのは、年長組に上がってすぐの5才の時でした。

 

 

長男の動きが気になり始めてから、小学校の特別支援学級に在籍するまでは、下記にて詳しく書いていますので、こちらからご覧ください。

【発達障害】子供がADHD注意欠陥多動性障害と自閉症と診断された経緯
わたしママ みなさん、こんにちは! メガネちゃんです☆彡 私には、2人の息子がいます(*´ω`*) 小学1年生の長男と1歳の次男です。 小...

 

その後、長男がADHDだと分かってからは、あまりガミガミ怒らないようにしました。

 

だからと言って、すぐに怒らなくなるのは難しいので、徐々に怒る回数を減らす努力をしました。

 

怒らない事に慣れるまでは、私自身がとてもイライラして大変でしたが、慣れてしまえばガミガミ言わなくて良いので、とても楽になりますよ( ゚∀゚)・∵. グハッ!!

 

悪い事をした時の叱り方

悪い事とひとことで言っても、どんな事をしたかによって怒る度合いも変わりますよね。

 

以前は、どんな事にでも、全力でガミガミ怒鳴ってきました。

 

ちょっとしたことでガミガミ!!危ないこともガミガミ!!

 

ひとことで言うと、メリハリのない怒り方でした。

 

 

現在では、命の危険に繋がりそうな時・ケガに繋がりそうな時には、めちゃくちゃ怒っています

 

人の目なんか気にしません。道路に飛び出そうもんならげんこつもプラスされる勢いです。

 

 

それと、他人にケガを負わせてしまうような行動をした時(例えば、長男が次男を押し倒す。お友達と遊ぶの度を超えてふざけて悪い事をした。など)も、めちゃくちゃ怒ります

 

長男の場合、遊び→ふざける→ふざけるが止まらなくなる→ケガをする(相手がケガをする。)と言う感じで制御出来なくなるので・・・。

 

だんだんエスカレートしていくと、ケガだけでは済まなくなる可能性が大いにあるので、始めはほどほどで注意して、少しづつ言い方をきつく怖くという感じで、段階をつけて言うようにしています。

 

危ないよ(約3回)→ケガするよ(約3回)→いい加減にしようか(約3回)→ここから少し怒り気味で、優しく言っている内にやめろよ!(約2回)→コラー!!!(激怒)

 

こんな感じですね。

 

回数は状況などによって前後するので大体ですが・・・。

 

表現が下手なので、なんとなく伝わると良いですが・・・。

 

このやり方でも、長男が反抗的だったり、言うことを聞かなくてイライラした時は、私のイライラが落ち着くまで、話しを振られても一切返事をしません。

 

話しに私が反応しないと、長男も

 

長男
長男

あれ?

ママ怒ってる・・・?

 

と言う感じで気づきます。

 

そして、私のイライラが落ち着いたら、【なぜ怒っていたのか?】の理由を説明するようにしています。

 

例えば、長男が次男を押して倒した時。

わたしママ
わたしママ

なんで次男を押したの?

 

長男
長男

・・・。

わからん・・・。

 

 

わたしママ
わたしママ

なんで分からないの?

自分がやったことだよ?

 

長男
長男

うん・・・。

 

わたしママ
わたしママ

分からないって事は、何も考えずに次男を押したって事だよ。

赤ちゃんは頭がまだ柔らかくて、強くぶつけると死んじゃうんだよ!

 

わたしママ
わたしママ

自分の行動に責任を持たないといけないよ。

自分の発言(言葉)には責任を持たないといけないよ。

(これは、小学生になってから言うようになりました。)

 

 

長男
長男

分かった・・。

ごめんなさい。

 

 

 

やり取りはこんな感じです。

 

それでも普段は、次男の事ではなるべく怒らないように気をつけています。

 

次男が遊んでいるおもちゃを取り上げても、ギューッっと力強く抱きついて次男が泣いていても

 

わたしママ
わたしママ

泣かさないでよ~!!

 

くらいしか言わないようにしています。

 

理由は、次男の事しか可愛くないんだ…僕なんか居なくて良いんだ…と長男が思い込む傾向があるので、そう思わせないように気をつけています。

 

その代り、長男が学校に行って次男の保育園までの時間は、次男との大事なスキンシップの時間にしています。

 

後、長男がスイミングで帰りが遅い時(週2回)は、沢山ギュ~をして、こちょこちょして、追い掛けっこして沢山遊んでいます!笑

 

 

良い事を出来た時の褒め方

そして、褒めるときには何でもとにかく褒めます。

 

最近では、長男が恥ずかしがって

長男
長男

もういいって!笑

ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

 

と言う事もありますが、それでもギュ~っと抱きしめて褒めます。

 

褒める時も怒る時と同じように、理由を説明して褒めるようにしています。

 

普段の何気ないことでも、たくさん褒めます!

 

そして、タッチも忘れません!!※必須!!

 

学校から帰宅して、給食フキンやタオルなどの洗濯物を、自分で洗濯機へ入れられたら

 

わたしママ
わたしママ

おっ!忘れずに洗濯物を出せたね!

偉いじゃん!!

(手を出すとタッチしてくれます。)

 

学校から貰ったプリントや、連絡帳を決められた所へ出す事が出来たら

 

わたしママ
わたしママ

忘れずに出してくれてありがとう!

宿題のやり直しが無いかチェックするね!

(親指でグット!)

 

 

次男が危ない事をしようとすると

 

長男
長男

危ないからダメ!

兄ちゃんと遊ぼう!

 

わたしママ
わたしママ

面倒見てくれてありがとう!

(タッチ!)

 

買い物の時に、きちんとついて来てくれたら

 

わたしママ
わたしママ

今日はちゃんとついて来てくれたから、買い物が早く終わったよ!

ありがとう!

(タッチ!)

 

 

いつもは、車から降りるのにも時間がかかるので、早く降りる準備が出来ていたら

 

わたしママ
わたしママ

偉い!!

降りる前の準備してくれてたから、早く降りられたね!

(タッチ!)

 

 

褒めるのも大事ですが、こうやって書き出してみると、ありがとう!の方が沢山言っているかもしれません!

 

傍から見れば、甘やかしているように見られているかもしれません。

 

それでも、出来ている事を褒めているだけで、甘やかしているわけではありません。

 

ADHDの子供に限らず、出来ていない事を『怒る』より、出来ている事を『たくさん褒める』方が、子供はやる気が出ると私は思います。

 

そして、言い方は悪いですが、親の言う通りにやったくれるようになりますよ!

 

 

ルールを決めてわかりやすく

長男は、自分で考えて行動すると言う事が苦手です。

 

一度経験すると、ある程度は分かりますが、それでも長男が気にならない事は覚えられません。

 

なので、何でも分かり安く、ルールと約束を決める事にしています。

 

 

ルール

・朝のテレビは、天気予報などのニュースが見られるようにアニメは禁止。

 

・学校(学童)から帰宅したら、ランドセルを棚に入れて中を空にする、水筒のカバーを外して出す、宿題・連絡帳を出す、音読・計算の宿題をする。

 

・毎日のルールを守らないと、テレビを見る事が出来ない。

 

・夜は歯磨きをきちんとしてから寝ること。

 

 

約束

・お店の駐車場で走らない飛び出さない。

 

・お店の中で走り回らない。

 

・買い物中は、一緒について来る。

 

中々守ってもらえませんが、『約束だったよね!?』と言うと『ハッ!』と気づいて、『ゴメン・・・。』と言ってくれます。

 

なので、何でも分かりやすく伝えるようにしています。

 

そして、約束を中々守られない時は、新たに約束を作ったり、その時の状況に合わせて約束の内容を少し変更したりします。

 

ルール・約束は何度でも同じ事でも言い聞かせなければいけませんがコツコツと頑張りましょう!

 

(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

 

そして、学校に出す時には必ず

 

わたしママ
わたしママ

道路を渡る前には右・左だよ!

何かあるときは先生に言うんだよ!

 

長男
長男

分かったぁ!!

((o(´∀`)o))ダッシュ!!

 

 

本当に分かってくれているかは、本人にしか分かりませんが、長男の場合は声をかけておくと『ハッ!』と気づく事があるので、毎日言うようにしています。

 

 

毎日、何度も何度も同じ事を言わないといけませんが、必ず分かってくれる時がきます!!

 

きっと

 

わたしママ
わたしママ

道路を渡る前には右・左だよ!

何かあるときは先生に言うんだよ!

 

と言う声掛けも、長男は

長男
長男

毎日言われなくても分かってるよ!

と思われているかもしれませんww

 

でも、親の立場からすると心配だから口に出てしまうんです。

 

そして、本当に声かけが必要じゃなくなった言葉は、自然と言わなくなりますよww

 

まとめ

毎日毎日同じ事を言っていると、本当に嫌になってイライラが溜まってしまいますよね。

 

以前の私も外へ吐き出す事が中々出来ずに、子供にあたる日々でした。

 

仕事が忙しい旦那にも中々話出せなくて、旦那にもイライラしていた時期がありました。

 

そんな時は思い切って、外へ出てみて下さい!(*˘︶˘*).。.:*♡

 

ベビーサークルや地域の子育てサポートなど、色んな所に参加してみても良いかもしれません。

 

人見知りの私も、長男がまだ赤ちゃんだった時には、ベビーマッサージや子育て交流にも出かけていましたよ!

 

ママ友が出来たら良いなぁと思っていたのですが、そこはやっぱり人見知り。

 

連絡先の交換などは出来ず、結局ママ友は出来ませんでした。笑

 

それでも良い経験を出来たと思います。

 

 

 

みなさんには、良い出会いがありますように(*˘︶˘*).。.:*♡

 

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました゚(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

 






長男のこと
メガネちゃんをフォローする
小学生と1歳児の子育てブログ【わたしライフ】

前後の記事

コメント